与える影響

鏡に映った顔がいつもより老けて見えることがあるという方は、一時的に疲れが溜まっている場合もあれば、加齢による老化現象である場合もあります。人は生きている限り日々老化をしている生き物です。赤ちゃんとして産まれた時から、若年期にピークを迎えるとそれ以降は様々な体の部位は老化していくのです。肌細胞に大切な成分であるコラーゲンにおいては、産まれた時がピークで減り続けているとも言われています。ある程度年齢を重ねると肌の老化は顕著になってきて、目の下のたるみが出来上がるということなのです。目の下のたるみは少しずつ細胞の老化により生じてくるものですが、最初の頃は目で見て分かるほどではないため、鏡で見て気づいた頃にはかなり進んでいる状態であるとも言えるでしょう。

目の下のたるみに気づく前から生活習慣に気を配り、表情筋を鍛えたり姿勢に気をつけたりといったことはできます。また、気づいた後でもこういった工夫をすることでたるみが進むスピードを遅らせることもできるでしょう。しかし、進んでしまった目の下のたるみは簡単に自力で解消できるものではありません。仕事や育児など忙しさに追われて気づいた時にはたるんでいたという方もいるでしょう。個人差はあるものの同年代と比べてもずっと目の下のたるみがひどいというような場合はコンプレックスとなってしまうこともあるでしょう。目の下のたるみが原因で気分まで暗くなってしまうのであれば美容外科という選択肢もあります。日帰りで気軽にできる治療などもあり、手軽に利用しやすいのが特徴です。